鉄板焼きというのは、庶民の食事です。B級グルメというジャンルに入っており、決して高級なものではありません。和食として海外に発信するものの中にも入っていません。しかし、日本人ならば、その美味しさは身に染みてわかっているはずです。

そうしたものである以上、会食で喜ばれないことはありません。会食というのは、日本の酒を日本の料理で味わう場所です。会食でイタリアンなど出てくれば、その日は幹事は責められ続けること間違いないでしょう。鉄板焼きは日本の文化です。

日本が誇るべきB級和食です。そうしたものを会食で披露するということは非常に重要なことです。串焼きが会食の基本となっている部分もあるでしょうが、それでも粉モンが出るとちょっと工夫したものとされて喜ばれること間違いありません。鉄板焼きはそれだけの力があるのです。

野菜たっぷり、そしてお肉もたっぷり。そんな料理は他にありません。鉄板焼きの魅力は何と言っても、その美味しさと手軽さにあります。小麦粉は戦後日本において、アメリカから強制的に押し付けられたものですが、それが日本独自の形で再利用されました。

そうしたものは、日本の知恵であり、日本の文化でもあります。小麦粉を売りたいアメリカに対して、それをアメリカが望むパン食ではなく、別の形に置き換えたということは、非常に進化した人間のやることです。それをしっかりと売っているだけで素晴らしいのです。鉄板焼きは非常に素晴らしいものです。

是非、使ってみてください。