お中元のギフトになにをおくればいいのか、誰でも一度は悩んでしまうものです。日ごろお世話になっている人に感謝の気持ちを伝えるお中元ですが、おくるものを誤ってしまうと失礼になる場合があります。せっかくの好意が台なしになるわけです。これはなんとしても防ぎたいもの。

では、おくってはいけないものとはなんでしょうか。お中元を相手に喜んでもらうには、当たり前のことですが、相手が好みそうな商品をおくることが重要です。相手の立場になって考えることが出来ればうまくいきます。たとえば、相手が未婚なのか既婚なのか、それによっておくるべきものは変わります。

新婚夫婦の場合でしたら、日常生活に役立つものが喜ばれるでしょう。夫婦共々忙しいでしょうから、缶詰めなどは喜ばれる商品です。相手に子供がいる場合なら、子供の人数や好みに気をつけるべきです。菓子類や果物ですと、家族全員が喜んで頂けるかもしれません。

逆に、ギフトとして相応しくないものもあります。刃物、相手との縁を切ってしまうという印象があります。履物、相手を踏みつけるような連想をさせます。髪をとくクシ、「苦死」という言葉につながりやすいです。

お花などもありますが、花言葉によっては不吉な意味があるので入念に調べてからおくったほうが良さそうです。あと、商品券や金券をおくるのは控えたほうが賢明です。相手を貧乏な人と認識しているように思われるからです。とくに、目上の人に対しては気をつけたいところです。

こうして考えてみると、ギフトには意外に智恵が必要なことが分かります。